転職失敗看護師|どうすれば良い?すみやかな円満退職法と再び失敗しないためのポイント7点|ナースレシピ nurse-recipe.com

MENU

転職失敗看護師|どうすれば良い?すみやかな円満退職法と再び失敗しないためのポイント7点

せっかく転職したのに「この職場、もう辞めたい。転職に失敗しちゃった!」と転職したことをさっそく後悔している場合どうしたらいいでしょうか。

 

転職に失敗した思っている看護師さんは、まずは再転職すべきかどうかを見極めましょう。

 

もし、再転職を決意したら、「試用期間終了と同時に辞めること」、「退職を決めたら早めに申し出ること」、「その後の気まずさは我慢すること」の3つに気をつけて、円満退職をしてください。

 

そして、再転職する時には、もう二度と同じ失敗をしないために、次の7点に注意して転職活動をしてください。

 

  1. 辞めることを決めたら、即行動
  2. 多少不利になることを知る
  3. 失敗の原因を分析する
  4. 100%満足できる職場はないことを覚悟する
  5. 細かい部分まで徹底的に調べる
  6. 条件面は書面で確認
  7. 次は最低3年は働くつもりで

 

この7つを守れば、今度こそ転職に失敗せずに済むはずです。

 

1.転職に失敗したと感じたら、再転職するかどうかを見極めて

転職に失敗したと感じたら、再転職するかどうかを見極めて

転職に失敗したと感じたら、すぐに再転職すべきか、それとももう少し様子を見たほうが良いのかを見極めるようにしましょう。

 

入職前の条件と実際が違う場合は、その職場はブラックな職場である可能性が高いので、転職直後といえども、早めに再転職したほうが良いでしょう。

 

でも、人間関係や仕事内容で悩んでいる場合は、今すぐ再転職せずに、自分の中で期限を設けて、もう少しだけ頑張ってみたほうが良いと思います。

 

ただ、期限が来ても、やっぱり転職に失敗したという思いが消えなければ、その時は再転職することをおすすめします。

 

1-1.すぐに転職したほうが良いケース

条件面が事前の約束と違うという理由で転職に失敗した場合は、すぐに再転職したほうが良いでしょう。

 

入職前に伝えられた条件と実際の条件が全く違う場合は、その転職先はブラックな職場である可能性が非常に高いので、早めに再転職したほうが良いです。

 

 

例えば・・・ 4週8休の約束だったのに、実際は4週7休しかない。

 

残業はほとんどないと言われていたのに、毎日2〜3時間の残業がある。

 

介護業務は看護師はしなくて良いと言われたのに、実際は介護業務を積極的に手伝わないと、仕事が回らない。


このように入職前の約束と実際が違う場合は、おそらく今後もそれが改善されることはないと思います。

 

また、これからもどんどんブラックな職場だと感じるようなことが出てくる可能性があります。

 

何より、入職前の約束をやぶるような職場で働きたいとは思えませんよね。

 

そのため、条件面が事前の約束と違う場合は、我慢せずに再転職したほうが良いです。

 

1-2.少し様子を見たほうが良いケース

看護師が転職後、人間関係や仕事内容で不満が出た場合は少し様子を見ると良いでしょう。

転職後に人間関係に悩んだり、思ったような仕事内容ではない場合は、すぐには再転職をせずに、もう少し我慢して様子を見るようにしましょう。

 

人間関係や仕事内容は、転職直後には不満を持っていても、その職場に慣れることで、その不満が解消されることがあります。

 

転職直後の今は、人間関係が上手くいかずに、転職先の人たちと仲良くなれない、上手く馴染めないと思っているかもしれません。

 

また、想像していたような仕事内容ではなかったということもあると思います。

 

でも、もう少し仕事に慣れて、職場の人たちと関わり合う機会が増えることで、職場の人と馴染めるようになることもありますし、職場の人の良い面が見えてくることもあります。

 

また、仕事内容も仕事に慣れると、「あ!こういう仕事も面白いかも!」と思えることもあります。

 

「転職に失敗した!」と思っても、今後の頑張り次第で、「結構良いかも!」と思える可能性があるのなら、今すぐ転職せずに、もう少しだけ我慢して今の職場で続けてみましょう。

 

今すぐ判断せずに、3ヶ月間だけ、半年間だけ、1年間だけと自分の中で期限をつけて頑張ってみて、その期限が過ぎても「やっぱり転職失敗だった」と思ったら、その時は再転職すると良いと思います。

 

 

「転職後すぐに退職するかどうかは、失敗したと感じる理由を考慮して決めると良いでしょう。」


 

2.転職後すぐに円満退職する方法

看護師が転職後すぐに円満退職する方法

転職後すぐに円満退職するためには、「試用期間終了と同時に辞めること」、「退職を決めたら早めに申し出ること」、「その後の気まずさは我慢すること」の3つに気をつけましょう。

 

転職に失敗したからすぐに退職する。これは、悪いことではありません。

 

ただ、どうしてもトラブルになりやすいので、転職後すぐに退職する場合でも、できるだけ円満に退職するためには、細心の注意を払い、少しのことは我慢しなければいけません。

 

2-1.試用期間終了と同時に辞める

転職後すぐに円満退職するためには、試用期間終了と同時に辞めましょう。

 

試用期間終了は、ある意味そこで一区切りになりますので、その区切りで辞めると、トラブルが起こりにくく、円満退職しやすいです。

 

試用期間は、「そこのスタッフとして適格かどうか」を見極める時期です。

 

転職先があなたを見極める時期でもありますが、あなたが転職先を見極める時期でもあります。

 

試用期間中にあなたが、「ここに転職したのは失敗だった」と感じたら、試用期間終了と同時に退職することもできるです。

 

試用期間は3ヶ月間としているところが多いのですが、3ヶ月も我慢できないという人は試用期間中に退職することも可能です。

 

ただ、できるだけ円満に退職したい人は、試用期間終了と同時に辞めるようにしましょう。

 

2-2.退職を決意したら、すぐに申し出る

転職後すぐに退職する場合は、退職することを決意したら、すぐに師長に申し出るようにしましょう

 

退職までに時間的な余裕がない状態で退職を申し出ると、あなたの代わりの看護師を探す時間がないので、トラブルが起こりやすいのです。

 

あなたが退職したら、師長はあなたの代わりの看護師をまた探さなければいけません。

 

看護師不足のこの世の中で、新しい看護師を確保するのは簡単なことではありません。

 

また、求人に応募が来ても、書類選考をして、面接をして、ようやく採用になりますので、採用になるまでには、それなりの時間が必要になるのです。

 

転職直後に円満退職するためには、できるだけ早く、師長に伝えるようにしてください。

 

直前に伝えて、サッサと辞めたいと思うかもしれませんが、「転職直後に退職する」というだけでもトラブルになりやすいのです

 

それに加えて、ギリギリに退職を申し出るのは、社会人としてのマナー違反ですし、自分からトラブルを起こしに行っているようなものです。

 

できるだけトラブルなく円満退職するためにも、退職を決意したら、できるだけ早く師長に申し出るようにしてください。

 

2-3.退職までの多少の気まずさは我慢する

退職を早めに申し出ると、退職までの日々が気まずいかもしれませんが、気まずさは仕方がないことですので我慢しましょう

 

退職を早く申し出ると、それから退職日までが針のむしろのように感じられて、ストレスだから、できるだけギリギリに退職を申し出たいという看護師さんも多いと思います。

 

でも、ギリギリに申し出たとしても、法律上、最低2週間はその職場で働かなくてはいけないのです。

 

退職を申し出て、翌日以降は出勤しないということはできないのです。

 

退職を伝えた後は、師長や同僚に嫌味を言われたりすることがあるかもしれません。

 

怒ったり、言い返したりしたくなることもあるでしょう。でも、グッと飲み込んで我慢してください。

 

そこで言い返したら、トラブルになります。

 

相手の立場に立って考えてみましょう。

 

自分が長く勤めている職場に転職してきた看護師さんが、すぐに辞めることになったら、あなたもちょっとイラッとしますよね。

 

それに、気まずいといっても、期限が決められた気まずさです。その気まずさが一生続くわけではありません。

 

気まずい修業期間を乗り越えたら、その職場を退職して、心機一転新しい職場で働けるのです。

 

退職日までの気まずい期間は、人生の修行だと思って、我慢して乗り切りましょう。

 

 

「試用期間終了と同時に辞めること」、「退職を決めたら早めに申し出ること」、「その後の気まずさは我慢すること」の3つに気をつければ、転職直後でも円満退職しやすいでしょう。


 

3.もう二度と転職に失敗しないための7つの注意点

転職に失敗したから再転職をする時には、もう二度と同じ失敗を繰り返さないために、次の7点に注意して転職活動をしましょう。

 

  1. 辞めることを決めたら、即行動
  2. 多少不利になることを知る
  3. 失敗の原因を分析する
  4. 100%満足できる職場はないことを覚悟する
  5. 細かい部分まで徹底的に調べる
  6. 条件面は書面で確認
  7. 次は最低3年は働くつもりで

 

この7点を守って再転職すれば、今度こそ転職に失敗せずに済むはずです!

 

3-1.辞めることを決めたら、即行動

看護師が辞めることを決めたら、即行動しましょう。

もう二度と転職に失敗しないためには、今の職場を辞めることを決めたら、即行動に移しましょう

 

決断したら、すぐに行動しないと時間の無駄になってしまいます。

 

今の職場を辞めて、再転職するためには、それなりの時間が必要になります。

 

労働基準法では、退職の2週間前には申し出なければいけないと決められています。

 

しかし、2週間前ギリギリに申し出たら、トラブルのもとになりますので、できるだけ早く、1ヶ月以上前には申し出なければいけません

 

また、次の転職先を決めるのにも時間がかかります。

 

求人を選び、採用試験を受け、内定をもらわなければいけないのですから。

 

しかも、次の転職は絶対に失敗できません。

 

そのため、求人選びは慎重に行わなければいけないので、前回の転職活動よりも時間がかかると思っておいた方が良いでしょう。

 

そのため、あなたにはゆっくりしている時間はないのです。辞めることを決めたら、すぐに行動に移して下さい。

 

3-2.多少不利になることを知る

転職後にすぐに退職して、また再転職する場合は、前回の転職よりも採用されにくくなることを知りましょう。

 

そのため、人気が高い求人や好条件の求人の採用は難しくなることは覚悟しておいて下さい。

 

転職後に早期退職し、またすぐに転職という経歴は、採用担当者に「この人は、またすぐに退職するかもしれない」という印象を持たれてしまいます。

 

すぐに退職するかもしれないというリスクがある看護師は、採用を避けられる傾向にあります。

 

看護師を1人採用するにも、それなりの時間や労力が必要ですから、採用担当者は長く働いてくれる看護師を採用したいと思うものなのです。

 

そのため、倍率が高いような人気の求人に応募しても、不採用になる可能性が高くなります。

 

それを覚悟して、求人選びをしないと、求人に応募しても連戦連敗、転職できないという事態になってしまいます。

 

3-3.失敗の原因を分析する

求人選びをする前に、今回の転職の失敗原因を分析しましょう。

 

今回の転職になぜ失敗したのかをきちんと把握しておかないと、また次も同じ失敗を繰り返すことになります。

 

 

あなたは、なぜ今回の転職に失敗したのでしょうか?

 

事前の条件と実際が違ったから?

 

人間関係が悪かったから?

 

思ったような仕事なようではなかったから?

 

待遇ばかりにこだわりすぎて、仕事内容や看護の詳細などを調べなかったから?


 

転職に失敗したと思う理由は人それぞれだと思います。

 

ただ、その失敗原因をきちんと把握して、次はどうすれば失敗を回避できるのか、どんな職場を選べば転職に成功できるのかを考えておかなくてはいけません。

 

これが、今度こそ転職に失敗しないための最も大切な注意点です。

 

3-4.100%満足できる職場はないことを覚悟する

看護師が転職後すぐ再転職するとき、100%満足できる職場はないことを覚悟しておきましょう。

100%満足できる職場はないことを覚悟しておきましょう。

 

次に転職する時には、妥協したくない。妥協したら、転職に失敗すると思っている看護師さんも多いと思います。

 

でも、結局は何かしらは妥協しないといけないのです。なぜなら、100%満足できる職場はないからです。

 

 

給料が良くて、ボーナスもたっぷり、休日も多くて、有給休暇の消化率も高い。

 

日勤のみで、体力的にも楽、精神的なプレッシャーもない。

 

残業もなくて、人間関係も良い。

 

やりがいもあって、教育体制も整っている!


 

このような職場は理想ですよね。でも、これを全て満たす職場はないと思ってください。

 

このような職場は、たとえ存在していても、離職者が出ないので、求人が出てこないのでです。

 

さらに、あなたは早期退職からの再転職になりますので、ライバルたちよりも不利な立場ですから、そのような求人に応募しても、採用される可能性は限りなく低くなります。

 

そのため、「これだけは譲れない」という条件だけはこだわるようにして、他の部分では多少妥協して、求人を選ぶようにしてください。

 

転職に失敗したくないからといって、100%満足できる求人を追い求めていると、結局は満足できる求人を見つけられず、全ての面で妥協した求人しか選べなくなってしまいます。

 

そうしたら、また転職に失敗してしまいます。

 

そうならないためにも、「これだけは譲れない。こだわりたい」という条件だけを満たす求人を探すようにしましょう。

 

3-5.細かい部分まで徹底的に調べる

看護師が求人を選ぶ時には、その病院の細かい部分まで徹底的に調べるようにしましょう。

求人を選ぶ時には、細かい部分まで徹底的に調べるようにしましょう。

 

転職活動は情報戦といっても過言ではありません。

 

徹底的に調べて、「その求人・その転職先に関して、何も知らないことはない!」と断言できる状態になり、その求人の内容に納得できたら、求人に応募してください。

 

今回の転職の失敗の原因を思い返してみましょう。

 

転職前にきちんと調べておいたら、転職失敗を回避できたと思いませんか?

 

条件面に関しても、人間関係に関しても、仕事内容に関しても、きちんと調べておけば、転職前にわかっていたことが多いと思います。

 

ですから、今度転職する時には、求人は細かい部分まで徹底的に調べましょう。

 

求人情報に書いてあることは、ほんの一部分でしかありません。

 

具体的な年間休日数、有給消化率、月平均の残業時間、看護師の業務範囲・業務内容、職場の人間関係、師長の人柄、夜勤回数、休憩時間、仮眠時間の有無、日勤・夜勤での受け持ち人数などは必ず調べておきましょう。

 

これで、ブラックな求人を避けることができますし、転職に失敗せずに済みます。

 

そんな細かい部分まで調べるのは面倒臭いと思うかもしれません。

 

確かに、細かい部分まで調べるのは面倒臭いと思います。特に、転職に失敗した職場で働きながら、忙しい中で細かい部分まで調べるのは大変ですよね。

 

でも、また次も転職に失敗したら、今度こそ転職先はなくなります。

 

2回連続で転職に失敗して、早期退職を繰り返していたら、いくら看護師不足とはいえ、どこもあなたを採用してくれなくなるでしょう。

 

ある意味、これがラストチャンスなのです。そのラストチャンスを活かすためには、細かい部分まできちんと調べてください。

 

なかなか、細かい部分を調べる時間がないという人は、転職支援サイトを使うと、あなたの代わりに担当コンサルタントが転職希望先のことを詳細に調べてくれますので、面倒がないと思います。

 

3-6.条件面は書面で確認

採用試験を受けて、無事に内定をもらったら、条件面は書面で確認するようにしましょう。

 

待遇や勤務時間等は書面で確認しておかないと、入職後に「こんなはずじゃなかったのに」ということになりかねません。

 

転職直後に「転職失敗だ!」と感じるケースでは、この入職前の約束と実際の状況が違うというケースが多いのです

 

書面できちんと明記されておらず、口頭での確認のみでは、後々言った言わないの水掛け論になりますので、必ず書面でもらって隅から隅まで読んで確認しましょう。

 

大病院ではあらかじめ書類を渡されることも多いのですが、小さな介護施設やクリニックでは、口頭での説明になることがありますので、その時は自分から書類を貰えないか申し出るようにしてください。

 

もし、自分から申し出ても書類を用意してもらえない場合は、その職場はブラックな職場である可能性が高いですので、内定をもらっても辞退したほうが無難だと思います。

 

3-7.次は最低3年は働くつもりで

転職に失敗し、再転職をしたら、次は3年は働くつもりで頑張りましょう。

 

次の職場で3年間働けば、履歴書を見ても、「この人はすぐに退職するな」と思われなくなります。

 

3年以内でまた転職をしてしまったら、「もうこの人は、退職→転職を繰り返すような人なんだな」というレッテルを貼られてしまうでしょう。

 

自分から進んでそのレッテルを貼っていると言っても良いかもしれません。

 

すぐに転職するというレッテルを貼られたら、いくら看護師不足の世の中といっても、次こそは転職できなくなってしまうと思います。

 

そのため、次の転職では少しくらい不満があっても3年以上は働くようにしてください。

 

そして、3年以上働くためには、求人選びに失敗しないことが大切なのです。

 

また、女性の看護師さんの場合には、3年以内に結婚や出産等のイベントがある人もいると思います。

 

結婚や出産などライフスタイルの変化の可能性が少しでもある場合は、ライフスタイルの変化があっても働ける職場、既婚でも、子育て中でも、仕事と両立できる職場を選ぶようにすると安心です。

 

まとめ

転職に失敗した看護師さんのための対処法と円満退職するための方法、二度と失敗しないための注意点をまとめました。

 

転職に失敗してしまったのは、もう後悔してもどうにもなりません。だから、前を向くしかないのです。

 

前を向いて、次はどうやったら転職に失敗せずに、成功させることが出来るのかを考えながら転職活動をしましょう。

 

ご紹介した7つの注意点を守って転職すれば、今度こそ転職に失敗せずに、気に入った職場で楽しく働けますよ。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

当サイトのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい【無料】「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師辞めたい時の「ナースレシピ」 TOP>>