看護師辞めたい理由・辞め方・解決法

MENU

看護師を辞めたい理由と辞め方・解決法

看護師を辞めたい時、どうしたらいいでしょうか。

「看護師辞めたい・・・」、そう思いながら毎日働いていませんか?

 

看護師の仕事は、体力的にも精神的にもハードなものです。

 

ハードな仕事に加えて、「職場の人間関係が悪い」、「残業が多くて、プライベートな時間が取れない」などの悩みがあれば、仕事を辞めたくなるのも当然ですよね。

 

でも、「辞めたい」と思ったまま働いていても、良いことはひとつもありません。

 

仕事へのモチベーションは下がる一方ですし、仕事でのミスも増えてしまうでしょう。

 

また、辞めたいと思っているのに、辞める時に職場ともめるのが嫌で、なかなか退職希望を言い出せないという人も多いと思います。

 

 

このサイトでは、辞めたい理由ごとに、その解決方法をご提案!

 

どうやったらスムーズに辞められるか、円満退職の方法をご紹介します。


看護師を辞めたい理由は

給料が低い/安いので割に合わない

給料が安いと仕事を辞めたくなる

お給料は働いたことへの対価であり、仕事を続ける上での大きなモチベーションになるものです。少しくらい仕事が忙しくても、それに見合ったお給料をもらえれば、「もっと頑張ろう」と思えますよね。

 

でも、お給料が安くて、仕事量に見合っていなかった場合、お給料は仕事へのモチベーションを保つどころか、大きく下げるものになり、「仕事を辞めたい」と思うようになるでしょう。

 

看護師の給料は、一般的に高いと言われています。確かに、一般平均よりは高いのですが、実際に働いている看護師さんは、給料に不満を持っている人が多いんです。つまり、

つづきはコチラ>>

 

休みがない、残業多い(プライベートな時間がない)

看護師は忙しく、残業が多い仕事です。看護師という仕事を選んだ時点で「ある程度残業があるのは仕方がないこと」と覚悟している人も多いと思いますが、「毎日数時間残業するのが当たり前、定時帰宅できることは珍しい」という状況だと話は別ですよね。ある程度の残業は仕方なくても、毎日たくさん残業することを仕方ないとは思えないと思います。

 

また、どこの病院でも看護師不足が深刻であり、決められた年間休日を消化できないところも少なくありません。入職時の求人情報には「4週8休、年間休日110日」などと記載されていても、実際はスタッフ不足から年間休日が消化できず、4週8休すら守られておらず、休日が少なく、しかも連休も少なくて、いつも疲れが溜まっていることに不満を持っている・・・・

つづきはコチラ>>

 

人間関係が最悪でストレス、悩み疲れた

人間関係の悪化は仕事を辞めたくさせる

看護師は女性が圧倒的に多い職業です。女性が複数人集まれば、人間関係のいざこざが起こりやすくなるのは仕方のないことかもしれません。ただ、その人間関係のいざこざが、仕事に影響するほどのものだとしたら、精神的に疲れてしまい、仕事を辞めたくなることもあるでしょう。

 

看護師の場合、力仕事や薬剤の確認作業など一人でできない仕事がたくさんあり、お互いに協力し合いながら仕事を進めていくため、職場の人間関係が悪いと、仕事がスムーズに進みません。職場の派閥争いに巻き込まれて、仕事中にお互いが足の引っ張り合いをすれば、

つづきはコチラ>>

 

夜勤のストレスがきつい、身体的にもつらい

看護師は、基本的に立ち仕事です。そして、患者さんの体位交換や移動介助、排泄介助など力仕事が多いので、体力的にとてもハードですよね。仕事内容がハードなことに加えて、看護師には夜勤があります、ただでさえ仕事がきついのに夜勤があると、仕事のつらさは倍増します。夜勤は、普通の人が帰宅する時間帯に出勤し、寝ている時間に働かなくてはいけません。「何で自分だけがみんなが寝ている時間、家でリラックスしている時間に働かなくてはいけないのか?」と思い、気分が沈みますよね。また、夜勤があると、

つづきはコチラ>>

 

家庭、家事や子育てと両立できない

看護師の仕事は時間が不規則であり、体力的にも精神的にも負担が大きいものです。独身の人ですら、毎日の仕事に追われて大変なのに、既婚者やママさん看護師は仕事に加えて、家庭内での仕事や育児をしなければいけないので、「1日24時間では時間が足りない」、「常に時間に追われている」、「体力的にも精神的にも限界」という人が多いと思います。ただ、どんなに忙しくても家族や周囲のサポートがあれば、仕事と家庭・育児を両立させていこうと頑張ることができますが、周囲のサポートが全くなく、自分ばかりが頑張っている状態だと、「あぁ、もう疲れた・・・」、「仕事辞めようかな・・・」と考えてしまいますよね。特に、

つづきはコチラ>>

当サイトオススメの看護師転職サイト

看護師を辞める代わりに、「今の仕事」を辞めて、新しい職場で新しい看護師人生をスタートさせる時に力強い味方になってくれるのが看護師専門の転職支援サービスです。

 

新しい環境で充実した看護師人生をスタートさせましょう

特に待遇や条件、または人間関係で「今の仕事」を辞める場合には、新しい仕事にはこのような問題は絶対あって欲しくないですよね。でも、意外と問題の有無は外からでは分かりづらいものです

 

看護師専門の転職支援サービスは、日本中の多くの医療機関と提携しており、公開の情報の他、スタッフが足で集めた生の情報をたくさん持っています。職場の雰囲気はどういう感じなのか、また、待遇や条件などは、あなたに代わって理想に適うように交渉までしてくれます。

 

ただ職場を探すだけではなく、退職、転職、転職後とスムーズに新しい職場に馴染めるように、細かいアドバイスから気持ちのケアまでしっかりとあなたをサポートしてくれます。一人で悩んで閉塞感の中にいないで、ちょっとだけ勇気を出してアクセスしてみて下さい。きっとあなたの明日が開けてくると思いますよ!

 

全ての転職支援サービスの利用は無料です。登録も30秒ほどで可能で、いつでも解除可能ですので安心して手続きして下さい。

 

 

当サイト経由の人気ランキング ( 現在)

 

ナース人材バンク

年間登録者No1!年間10万人以上が利用する「ナース人材バンク」


ナース人材バンクは、安心の上場企業が運営する日本最大級の看護師転職支援サービスです。
看護師さんの認知度もピカイチで、年間10万人以上に利用されています。
公開情報数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!
また、全国15の拠点で展開しているので、日本中の看護師さんの転職のサポートが可能です。
もちろん、転職希望の看護師さんの給料、待遇、勤務形態など面倒な条件交渉は、すべて「ナース人材バンク」のコンサルタントにお任せです!

 

年間登録者No1!年間10万人以上が利用する「ナース人材バンク」はコチラ >>

 

看護のお仕事

あなたと地域に寄り添って最高のお仕事を提案する「看護のお仕事」


「看護のお仕事」は、地域とあなたに密着して、安心で満足な転職をサポートします!
地域ごとに活躍するコンサルタントが病院の中の事情から、通勤の交通状況まで把握して、あなたの要望に応えます。
全国13万件の病院と連携し非公開求人も多数!また、希望の病院に求人がないか問いあわせもしてくれます。
気に入った職場があれば、給料、福利厚生、休日など細かい勤務条件の交渉も代わりにしてくれるので、あなた自身は何もしないで最高の条件が整います。
新しい生活に役立つように、転職支援金として12万円をプレゼント!(何度転職してもOK!)
また、転職後の相談サポートまでしてくれますので、まさに安心ですね!
『サービス満足度 No.1』 『コンサルタントの対応満足度 No.1』 『友達に進めたいランキング No.1』 (2013年(株)ネオマーケティング調べ)

 

あなたと地域に寄り添って最高のお仕事を提案する「看護のお仕事」はコチラ >>

 

ナースではたらこ

顧客満足度No1の「ナースではたらこ」


満足度No1の「ナースではたらこ」ならきっとあなたの希望の転職先が見つかります!
数多くある看護師専門の転職支援サービスの中でも、楽天リサーチ、オリコンともに「満足度」でNo1にランキングした「ナースではたらこ」は、特別に人気があります。
日本最大級の9万件の医療機関から探せる、NICU、ホスピスなど希少な求人もたくさんある、専任コンサルタントが徹底的にフォローする、非公開求人が多数、などなど特筆すべきメリットが多くあります。

 

顧客満足度No1の「ナースではたらこ」はこちら >>

 

本当に満足できる最高の職場を見つけたい方は、これらのサービス全てを同時に利用するコトをオススメします!
1社のみの登録ですと、どうしても、得意不得意の分野があったり、他社だけがスクープした求人があったりと、見落としが出てしまいます。
全て登録しても2-3分程度ですので、ぜひより多くの厳選された求人から【あなたの一番】を選んで下さい!

1年目の看護師のスムーズな辞め方と11個の「辞めたい」の解決策

1年目の看護師は辛いことだらけで、「何で看護師になっちゃったんだろう」と看護師になったことを後悔したり、毎日毎日「辞めたいなぁ」と思いながら働いていると思います。

 

口癖が「辞めたい」になっている1年目の看護師さんもいるのではないでしょうか?

 

辞めたい1年目の看護師は、まずは辞める方法を確認しておきましょう。以下、1年目の看護師さんが辞めるためのポイントを解説しています。

 

ただ、次の11個の対処法で、意外なほどすんなりと、悩みが解決する事もあるかも知れません。

 

【1】仕事を早く覚えるためにメモとタイマーを活用する、 【2】苦手な看護技術は徹底的に練習する、【3】先輩にやる気があることをアピールする、【4】空気を読まずに確認する、【5】同期と協力体制を作る、【6】「1年目なんだからできなくて当然」と心の中で言い訳をする、【7】心の切り替えをする、【8】3年後5年後の楽しい未来を想像する、【9】日ごろのストレスは同期との飲み会で発散する、【10】仕事を忘れる時間を作る、【11】師長やプリセプターに早めに相談

 

いかがでしょう?また、看護師を辞めるのではなく、転職によって解決するケースもたくさんあります。

続きを読む>> 「1年目の看護師のスムーズな辞め方と11個の「辞めたい」の解決策」

 

脳神経外科の看護師が辞めたい理由とその解決法

脳神経外科で働く看護師が辞めたい理由
脳神経外科で働く看護師はやりがいを感じながらいきいきと働いているように思えますが、実は「もう脳神経外科を辞めたい」と思いながら働いている看護師さんも結構多いのです。

 

看護師が脳神経外科を辞めたいと思う理由にはどんなものがあるのでしょうか?

 

残業が多い
脳神経外科では、オペの患者さんがたくさんいます。これは外科だから当たり前のことなんですが、脳神経外科のオペは予定通りに進まないことも多いんです。

 

オペ終了の時間が予定よりも遅れると、患者さんがオペ室から戻ってくる時間が夜勤帯にずれ込んでしまうこともあります。

 

夜勤は看護師の人数が少ないですよね。その少ない人数で、オペ後の看護をするのは難しいので、日勤の看護師が残業して、オペ戻りの対応をすることになります。

 

また、脳神経外科は患者さんの急変や緊急オペも多いので、看護師は毎日のように残業をしなければならず、あまりに残業が多すぎて、ほかの診療科で働く看護師さんをうらやましく思い、脳神経外科を辞めたいと思うようになるのです。

 

続きを読む>> 脳神経外科の看護師が辞めたい理由とその解決法

 

私、ヘン?看護師を辞めたい理由が変わっている場合はどうする?

仕事を辞めたいと思っている看護師さんの中には、「私が辞めたいと思っている理由はちょっと変かも」とか「こんな理由で辞めたいと思って良いのかな?」と辞めたい理由が一般的ではないことに悩んでいる人も多いと思います。

 

でも、看護師はどんな理由で辞めてもOK!です。辞めたい理由は十人十色ですから、「自分の辞めたい理由が変なのでは?」と悩む必要はありません。

 

ただ、円満退職をしたいなら、上手に建前を使って、師長が納得してくれる辞めたい理由を考えたほうが良いでしょう。

 

続きを読む>> 私、ヘン?看護師を辞めたい理由が変わっている場合はどうする?

 

看護師1年目で妊娠!どうなる?どうする?仕事を辞めるか続けるかの判断ポイントはコレ

看護師1年目で妊娠した場合、頭の中がパニックになると思います。

 

予定外の妊娠が発覚しただけでも頭が真っ白になるほどの事なのに、1年目の看護師さんは「私、まだ1年目なんだけど。仕事はどうしよう?」と仕事の心配もしなければいけないので、頭の中は大混乱になるのではないでしょうか?

 

1年目の看護師は妊娠しても仕事を続けていくことが出来ますが、妊娠していても職場によっては妊娠中の仕事を配慮してくれない可能性がありますし、職場の人間関係に問題が生じることもあります。

 

1年目の看護師が妊娠して仕事を続けた場合、(1)産休中の手当がもらえる、(2)復職後は育児短時間勤務制度を使える、(3)経済的な安定を維持出来る、(4)看護スキルの習得が続けられる、というメリットがあります。

 

妊娠を理由に退職した場合のメリットは、(1)出産後に自分のタイミングで復職できる、(2)ストレスフリーな妊婦生活を過ごせる、(3)体調最優先の妊婦生活を送ることができる、(4)育児と両立しやすい職場を選べる、という4つです。

 

1年目の看護師が妊娠したら、師長に報告して、続けるべきか退職すべきかを決めなければいけませんが、それぞれのメリットや師長の反応を見て決めるようにしましょう。

 

また、たとえ1年目の看護師が妊娠を理由に退職しても、出産後に落ち着いてから、看護師として再び働きだすことも出来ますので、安心してください。

 

続きを読む>> 看護師1年目で妊娠!どうなる?どうする?仕事を辞めるか続けるかの判断ポイントはコレ

 

仕事を辞めたい看護師必見!看護師を辞めるとゼッタイ損する6つのこと!

看護師を辞めるとゼッタイ損する6つのこと

看護師の仕事は心身ともにきついので、毎日たくさんのストレスを抱えて、「もう看護師なんて辞めたい!」と思っている人が多いのではないでしょうか。

 

仕事を辞めたいと思っている看護師さんは、早まってはいけません。

 

看護師を辞めると、一生後悔しても足りないくらいの損をすることになるのです。

 

看護師を辞めると、1.収入が激減する、2.育児との両立が困難、3.仕事が見つからない、4.公務員になれない、5.結婚できない、6.社会的信用度が落ちる、という6つの損をすることになります。

 

看護師を続けても損はしませんし、今抱えている悩みは看護師を続けながらでも、解決することが可能です。

 

損をしないためにも、看護師を続けながら、悩みを解決する道を探りましょう。

 

看護師を辞めた時の6つの損

 

看護師を辞めたいと思っている看護師さんは、早まらないでください。

 

看護師は確かにつらい仕事です。でも、看護師を辞めると、想像以上の損をすることになるのです。

 

看護師を辞めると、次の6つの損をします。

収入が激減する

育児との両立が困難

仕事が見つからない

公務員になれない

結婚できない

社会的信用度が落ちる

 

看護師を辞めると、これだけの損をします。

 

看護師を辞めたいと思っている人は、看護師を辞めた時の損得を天秤にかけて、辞めるべきか辞めないべきかを冷静に考えなければいけません。

 

収入格差にア然!毎年新車一台分のお金を捨てている!?

看護師を辞めると、収入が一気に激減します。

 

看護師を辞めた場合、サラリーマンとして働くことになります。女性サラリーマンは看護師に比べて年収が低いので、収入が激減し生活レベルを落とさなければいけません。

 

国税庁の「平成27年民間給与実態統計調査」によると、女性サラリーマンの平均年収は276万円(正社員362万2000円、非正規社員147万2000円)となっています。

 

今のあなたの年収と比べて、どうでしょうか?

 

ちなみに、厚生労働省の「平成27年賃金構造基本統計調査」によると、看護師の平均年収は478万3,100円です。

 

看護師を辞めると、平均年収で見ても、毎年202万円をドブに捨てることになります。たとえ、正社員になれたとしても、116万円を自分から捨てているのです。

 

続きを読む>> 仕事を辞めたい看護師必見!看護師を辞めるとゼッタイ損する6つのこと!