人間関係で看護師をやめたいと思わないために|ナースレシピ nurse-recipe.com

MENU

人間関係で看護師を辞めたいと思わないために

看護師は人間関係が濃密な仕事

職場の人たちと良い人間関係を築いていく必要があるのは、看護師だけではなく、どんな仕事でも言えることですよね。友達同士の人間関係であれば、お互いに気が合うか合わないかで友達として付き合っていくかどうかを決められますが、職場だと気が合わない人でも、仕事に支障が出ないように付き合っていかなくてはいけないので大変なんです。

 

特に看護師の場合は、同僚との関係がほかの職業と比べて濃いものになりますので、さらに苦労は多いと思います。体位交換や移動介助などは、1人ではできないこともありますので、同僚の手助けを求める必要がありますし、現在はチームナーシングが主流となっていますので、チームを組んで仕事をしなくてはいけません。

 

また一般病棟では、2〜3名体制で夜勤を行います。2交代制だと、夜勤は16時間以上にも及びますので、長時間のハードな仕事を少人数で行えば、人間関係も濃密になりますよね。

 

気の合う同僚と一緒の仕事であれば、チームを組んでの仕事でも、長時間の夜勤であっても、全く苦にはならず、むしろ仕事がはかどることが多いのですが、気の合わない人と一緒に仕事をすると、精神的な疲れは倍増します。

 

看護師の世界は体育会系

しかも、看護師の世界は体育会系の部分がありますので、上下関係も厳しくて、縦型社会です。先輩の言うことは、たとえ理不尽なことでも「はい」と言わなくてはいけないことも多々あります。

 

ほんの少しのミスでも、患者さんの前で大きな声で怒鳴られたり、業務終了後に長時間の指導を受けたりすることは珍しくありません。そのような経験がある看護師さんも多いのではないでしょうか?

 

このような行き過ぎた注意や指導を毎日のように受けていて、さらに人間関係が濃密な職場にいれば、気分は落ち込んで、仕事へのモチベーションが下がってきてしまうと思います。

 

看護師の人間関係をうまく乗り切るためには

人間関係に苦労し、仕事へのやる気をなくしてしまっては、良い看護はできません。せっかく苦労して看護師になったのですから、できるだけ楽しく仕事をしたいですよね。

 

看護師の世界の面倒な人間関係をうまく乗り切るためには、信頼できる同僚を見つけておくことです。ちょっとした愚痴を言い合ったり、「今日こんなことがあってさ〜」と言える人がいると精神的に楽になると思います。

 

家族や看護師以外の友達に愚痴っても良いのですが、職場の状況がわかる人に愚痴を言ったほうが、「そうそう!わかるよ〜!」と同意してもらえるので、よりストレス解消につながりますよ。

 

また、先輩からの面倒な注意や指導を乗り切るためには、「ジェネレーションギャップだから仕方ない」と割り切ると良いですよ。そういう先輩たちって、「私たちが新人だった頃は〜」とか「今時の若い人たちって〜」とかよく言っていませんか?

 

そういうことを言われたら、「世代が違うから仕方ない」、「昔は大変だったんですね〜。でも、そういう考え方って時代に合ってないんだけどなぁ」と心の中で思って割り切ってしまえば、少しは心が軽くなりませんか?

 

もちろん、行き過ぎた指導が頻回だったり、いじめにつながるようなものであれば、すぐに師長に相談してくださいね。

 

看護師は友人との関係が希薄になりやすいので注意!

同僚に愚痴を言っても、先輩からの注意を「仕方ない」と割り切っていても、やっぱり看護師の人間関係に煮詰まってしまう時もあると思います。

 

そういう時は、看護師以外の友人と会ってリフレッシュしましょう。看護師同士だと、どうしても話題は仕事関連のことになります。看護師以外の友人であれば、仕事の話はしませんので、仕事のことを忘れてリフレッシュできますよ!

 

でも、看護師って仕事が忙しく、しかも不規則ですから、ついつい友人と連絡しなくなって付き合いが希薄になりがちなんです。気づいたら、自分の周囲の人間関係はほとんどが看護師っていうことになりかねません。小学校時代の幼馴染や高校時代の友達とは、きちんとマメに連絡を取っておくようにしましょう。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

当サイトのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい【無料】「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師辞めたい時の「ナースレシピ」 TOP>>