看護師を辞めてブランクのある場合、復帰するには?|ナースレシピ nurse-recipe.com

MENU

看護師を辞めてブランクのある場合、復帰するには?

ブランクのある看護師さんも大丈夫!

ブランクのある看護師さんも大丈夫!

看護師は一生できる仕事と言われています。一度看護師免許を取得してしまえば、更新の必要もなく、一生有効だからですよね。

 

ただ現実問題として、一度看護師を辞めてしまうと、また看護師として働きたいと思っても、自分の看護知識や技術に自信がなくなって、復職を躊躇してしまう人が多いんです。

 

看護師は患者さんの健康や生命に携わる責任の重い仕事ですから、ブランクがある自分がそんな責任の重い仕事をして良いのかと悩んでしまうんですよね。

 

でも、せっかく看護師免許を持っているんですから、看護師として働きましょう!ブランクがあると、復職したばかりの頃は以前のようにテキパキ働けないかもしれませんが、すぐに勘を取り戻せるはずです。新人看護師ではないので、きちんと看護師としての経験や基礎がありますから。

 

それに、ブランクの長さは採用や復職の成功にあまり関係ありません。それよりも、看護師としてもう一度働きたいという熱意が大切です。採用側もやる気や熱意を採用するかどうかの判断基準としていることも多いんです。

 

教育制度に注目しよう

やる気や熱意には自信があるけど、やっぱり復職できるか不安という人も多いと思います。ブランクがあると、どうしても最新の医療はわからないですし、以前身につけた知識や技術も忘れてしまっていますから、不安になるのは仕方ないことです。

 

そういう復職への不安は、復職しやすい職場を見つけることで解消することができますよ!復職しやすい職場の条件は、教育制度が整っているところです。

 

復職者にもプリセプターをつけてくれたり、クリニカルラダーのようにレベル別の研修があったりするところを選びましょう。また、最近は復職者向けに入職前の復職支援研修を行っている病院も増えてきていますので、そういう病院を選ぶと、入職前に看護師の勘を取り戻すことができるはずです。

 

また、近年は都道府県の自治体や看護協会が、復職支援の研修を行っているところも増えていますので、復職前にそのような研修を受けてみると、自信を持って復職できるかもしれません。

 

忙しすぎる職場はNG!

やる気と熱意に溢れ、独身時代に働いていたような急性期病棟でまた働きたい!夜勤にもバリバリ入りたい!と思っても、最初はやめておいた方が良いかもしれません。

 

急性期病棟は常にバタバタしていて、体力勝負の面があります。独身時代の若い頃は、若さと体力で乗り切れていたかもしれませんが、ブランクがあるとなかなかその忙しさに馴染むことができず、ブランク前のテキパキと動けていた自分と現実の体力がない自分のギャップに悩むことになりかねません。

 

ブランクがある人が、スピードを要求されるような忙しい職場についていけないのは当たり前のことです。また、慣れないうちに夜勤に入ると、体調を崩してしまうかもしれません。

 

ですから、療養型病棟や介護施設などある程度余裕があるところを復職先に選ぶようにしましょう。そこで働いて、看護師としての仕事に慣れて、以前のような勘と自信を取り戻してから、急性期病棟に転職すれば良いんです!

 

1.やる気と熱意を持つこと、2.教育体制に注目すること、3.忙しすぎる職場は避けること、この3つを押さえておけば、ブランクがある人でも復職することができます。

 

教育体制や職場の忙しさをあらかじめ確認するには、転職支援サイトを使うと便利ですよ!「教育体制が整っていて、あまり忙しくなくて、復職しやすいところ」と希望を伝えれば、そういうところを絞り込んで紹介してくれますので、復職成功へ大きく一歩近づくでしょう。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

当サイトのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい【無料】「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師辞めたい時の「ナースレシピ」 TOP>>