看護師を辞めるベストのタイミング|ナースレシピ nurse-recipe.com

MENU

辞めたいと思ったらすぐに辞めてOK?辞めるベストのタイミングとは?

辞めたいと思ったらすぐに辞めて良いの?

看護師を辞めるのに最もよいタイミング

看護師が仕事を辞めたいと思ったら、すぐにそのタイミングで辞めてしまって良いのでしょうか?答えとしては、辞めたいと思ったタイミングで辞めることは間違ってはいません

 

でも、辞めた後のことや経済的なことを考えると、辞めたいと思ってすぐに辞めてしまうと、損をすることになる可能性があるんです。

 

どうせ辞めるなら損はしたくないですし、辞めた後の転職を有利に進めたいですよね。もし、「どうしても今すぐ辞めなくてはいけない」という切羽詰った状況でなければ、ベストのタイミングで辞めることを考えてみましょう。

 

辞めたい時に気にしたいポイントは?

看護師がベストのタイミングで辞めるためには、ボーナス支給時期と転職の求人数を考えなくてはいけません。辞めたいと思ったタイミングで辞めてしまうと、ボーナスをもらえずに損をしたり、退職後に転職しようと思っても希望の求人を見つけられないかもしれないんです。

 

ボーナスの支給時期

まずは、ボーナスからです。ボーナスはたいてい年に2回、夏と冬に支給されますが、ボーナスの支給日前に辞めてしまうと、ボーナスをもらうことはできません。

 

でも、「今すぐ辞めたい」と思っても、ちょっと我慢してボーナス支給日まで在籍していれば、ボーナスを満額もらうことができます。

 

もし、基本給が25万円でボーナスが4ヶ月分(夏に2ヶ月、冬に2ヶ月)支給されるところで働いているとします。そこをボーナス支給日前に辞めてしまったとすると、基本給25万円×2ヶ月分=50万円がもらえないことになります。

 

50万円はとても大きいですよね。退職後はお給料がなくなりますし、何かと出費が多くなりますので、辞めたいと思ってもボーナスの支給日まで在籍したほうが良いんです。

 

求人数が多い時期

仕事を辞めてしまったら、無職で収入なしになりますので、すぐに次の仕事を探さなくてはいけませんよね。退職後に転職活動をする時に、求人数が少ないと、転職先の選択肢が少なくなります。

 

看護師の求人は1年中いつでもありますが、求人数はいつでも同じというわけではなく、多い時期・少ない時期があるんです。

 

4月に入職する人が多いので、その直後の4〜6月はどうしても求人数は少なめになります。求人数が少ない時期に転職活動をすると、100%満足できる求人は見つけられず、妥協して求人を選ばなくてはいけない可能性が高くなります。

 

妥協して転職したら、またすぐに「辞めたい」と考えるようになるかもしれません。

 

仕事を辞めるベストのタイミングは?

仕事を辞めたいと思っても、すぐに辞めるのではなくボーナスや求人数を考えてベストのタイミングで辞めたほうが損をせずにメリットが多いのですが、具体的にはいつ辞めるのがベストなのでしょうか?

 

看護師が仕事を辞めるベストのタイミングは12月末〜1月にかけてです。冬のボーナスはたいてい12月に支給されますので、12月末〜1月に退職すれば、ボーナスを全額もらうことができます。

 

また1月頃からは4月入職の求人が多数出てきますので、1年の中で1〜3月が看護師求人数が最も多くなる時期です。そのため、この時期に転職活動をすれば、100%満足できる求人を見つけられる可能性が高くなるんです

 

ですから、もし今「仕事を辞めたい」と思っても、イジメに遭っている等どうしても今すぐに辞めなくてはいけない事情がなく、辞める時期に融通が利くようであれば、12月末から1月頃に辞めると良いでしょう。

 

もしこの時期を逃して、冬から春にかけて辞めたいと思ったら、次の12月末から1月は遠いですよね。それまで待てないという場合も多いでしょう。その場合は、夏のボーナスをもらった後に辞めるのもありです。夏のボーナス後の7〜8月は下半期のスタッフ補充のための求人が増えてくる頃ですので、求人数が比較的多くなります。

 

辞めたいからといってタイミングを考えず、すぐに辞めてしまうのではなく、どうせ辞めるならベストのタイミングで辞めたほうが、損をせずにメリットを大きくすることができるんですよ!

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

当サイトのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい【無料】「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師辞めたい時の「ナースレシピ」 TOP>>