病棟、クリニック勤務以外の看護師の職場(デイサービス、精神科デイケア)|ナースレシピ nurse-recipe.com

MENU

病棟、クリニック勤務以外の看護師の職場(デイサービス、精神科デイケア)

デイサービスの仕事内容って?

デイサービスの仕事内容

病棟やクリニック以外の看護師の職場に、デイサービスがあります。デイサービスは、普段は自宅で過ごしている高齢者が入浴や食事、レクリエーションなどの介護サービスを受けるものです。

 

デイサービスの大まかな1日の流れは、このようなものです。
・利用者さんの送迎
・レクリエーションや入浴介助
・昼食介助、配薬
・レクリエーションや入浴介助
・おやつ
・利用者さんの送迎
・記録やカンファレンス
  +随時、トイレ誘導

 

デイサービスでの看護師の仕事は、利用者さんの健康状態の観察やバイタルチェック、入浴後の皮膚処置、持参薬の管理や配薬、転倒や急変時の対応などになります。また、施設によってトイレ誘導や入浴介助、食事介助など介護士の仕事も看護師が積極的に行うところもあるようです。

 

デイサービスと似たようなものに通所リハ(デイケア)がありますが、通所リハ(デイケア)の場合は、レクリエーションよりも理学療法士や作業療法士によるリハビリがメインになります。

 

ただ、通所リハ(デイケア)でも看護師の仕事はデイサービスと同じようなものになります。

 

デイサービスのメリットは?

デイサービスのメリットは、病棟やクリニックのような忙しさはないという点です。病棟のように緊急入院や急変が多いわけではありませんし、クリニックのように次から次へと患者さんが受診に訪れるわけでもありません。

 

デイサービスは、普段自宅で過ごしている人が介護サービスを受けるために訪れるところですので、自宅で過ごせるような健康状態の人ですし、事前に予定していた人が来るだけですので、突発的に利用者さんの人数が増えるわけでもないんです。

 

もちろん、入浴介助やトイレ誘導などで忙しくなる時間帯はありますし、転倒などの事故が起こることもありますが、病棟やクリニックと比べると、時間的にも体力的にも精神的にも余裕がある状態で働くことができます。

 

もう1つのメリットは、夜勤から完全に解放されるという点です。介護施設でも夜勤がないところはありますが、「夜勤なし」としていてもオンコール体制を取っているところが多いんです。

 

いくら夜勤なしといっても、オンコール体制だったら、いつ電話がかかってくるかわからないですし、緊急時は深夜でも出勤しなければいけないので、ゆっくり休むことができないですよね。

 

でも、デイサービスであれば、完全に日勤のみで夜勤もオンコールもありません。

 

病棟やクリニックよりも忙しくない、しかも重症な人もいないので精神的にも余裕がある、さらに介護系の仕事だけど夜勤から完全に解放されるのがデイサービスなんです。

 

デイケアは精神科もあり

通常、デイケアというと高齢者対象のリハビリ+介護サービスになりますが、精神科デイケアもあります。

 

精神科デイケアは、外来通院している精神疾患を抱えている患者さんの社会復帰を目的としたものです。

 

精神科デイケアは通所リハ(デイケア)とは異なり、利用者の年齢層は20代の若者から50〜60代の中高年までと幅広く、精神科のクリニックや精神科病院に併設されていることがほとんどです。

 

精神科デイケアでの看護師の仕事は、利用者さんの健康管理や服薬の相談や指導、レクリエーションやSST(Social Skills Trainingの略「社会生活技能訓練」)の手伝い、緊急時の対応などになります。

 

精神科デイケアのメリットは、デイサービスのメリットとほぼ同じです。介護や高齢者看護ではなく、精神科看護に興味のある人は精神科デイケアの求人を探してみても良いと思います。

 

デイサービスや通所リハ、精神科デイケアに興味のある人は、転職サイトを利用しましょう。転職サイトにはデイサービスや通所リハ(デイケア)、精神科デイケアの求人がたくさんありますので、あなたの希望に合った求人を見つけることができますよ!

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

当サイトのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師辞めたい時の「ナースレシピ」 TOP>>