病棟、クリニック勤務以外の看護師の職場(保育園)|ナースレシピ nurse-recipe.com

MENU

病棟、クリニック勤務以外の看護師の職場(保育園)

看護師だって保育園で働ける!

看護師だって保育園で働ける!

看護師の職場は、病棟やクリニックだけではありません。看護師は保育園でも働くことができるって知っていますか?保育園で看護師が働けるようになったのは2007年からなので、まだまだ知らない人も多いかもしれませんね。

 

2007年に厚生労働省がアレルギーを持つ子や身体が弱い子でも、安心して保育園で過ごすことができるようにと乳児6人以上の施設では、看護師1人が保育士1人とみなされる制度を設けました。

 

この制度ができて以降、看護師も保育園で働くことができるようになったんです。また、今後は保育園での看護師の需要の増加に伴って、保育園での看護師雇用の門戸がさらに開かれる見込みですので、保育園は看護師にとって注目すべき職場の1つになると言えるでしょう。

 

看護師の保育園での業務内容は?

では、保育園での働く看護師は、どんな仕事をするのでしょう?保育園での看護師の仕事の基本は、園児の健康管理です。

 

登園してきた子の健康チェックや服薬管理とサポート、アレルギーを持つ子や病み上がりの子、慢性疾患を持つ子のケアなどを行います。

 

また、保育園では園児のケガや急な発熱は日常茶飯事です。そのときの対応も保育園看護師の大切な仕事です。病院を受診すべきかどうか、保護者のお迎えを頼むか、園内で対応可能かの判断をしなければいけません。その際の保護者への連絡や説明も行います。

 

そのほか、感染症が流行しないように、園児への手洗いやうがいの指導や保護者への感染予防のための指導、園内の衛生管理なども保育園の看護師の仕事です。特に、インフルエンザやノロウイルスの流行時期は気を使わなくてはいけません。

 

そして、保育園看護師の仕事の中で忘れてはいけないものは、保育士さんの手伝いです。看護師の一番大切な仕事は園児の健康管理ですが、空いている時間は園児のオムツ交換や授乳をしたり、一緒に遊んだり、泣いている園児をあやしたりもします。

 

看護師が保育園で働くメリットは?

看護師が保育園で働くメリットは何でしょうか?保育園で働く一番のメリットは、日勤のみの勤務で週末は休日になるという点です。

 

保育園で働けば、夜勤や当直はありません。もちろんオンコールもありませんので、完全に日勤のみの勤務となります。また、土日祝日もしくは日曜日と祝日は保育園自体が閉園していますので、カレンダーどおりの休日になるんです。

 

日勤のみで週末休みとなれば、規則正しい生活が送れますし、プライベートな時間をしっかり確保できますので、育児や家庭との両立もしやすいですよね。

 

保育園で働くもう1つのメリットは、子どもと触れ合えることです。小児科で働きたいけど、競争率が激しくてなかなか異動させてもらえないという人や子供は好きだけど小児科は大変そうと思っている人も多いと思います。そういう人は、保育園で働くと良いかもしれません。

 

特に保育園の子どもは、小児科の子ども違って元気いっぱいの子が多いですので、一緒に遊んだりすることもできるんです。

 

看護師を配置する保育園は増えてきていますが、まだまだ求人数はそれほど多くないのが現状です。保育園の求人を探すなら、看護師の求人をたくさん扱う転職支援サイトを使うと良いですよ!

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

当サイトのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい【無料】「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師辞めたい時の「ナースレシピ」 TOP>>