病棟、クリニック勤務以外の看護師の職場(介護施設)|ナースレシピ nurse-recipe.com

MENU

病棟、クリニック勤務以外の看護師の職場(介護施設)

看護師の介護施設での業務内容は?

看護師の介護施設での業務内容

病棟やクリニック以外での看護師の職場の代表的なものと言えば、介護施設を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?でも、介護施設で看護師はどんな仕事をしているか知っていますか?

 

介護施設での看護師の仕事内容は、利用者さんの健康管理です。毎朝のバイタルチェックや血糖値測定、インシュリン注射、服薬管理、皮膚トラブルの処置、排便コントロールなどが主な仕事です。

 

最近は胃ろうやストーマを造設している人もいますので、胃ろうやストーマの管理をすることもあります。

 

また、利用者さんが急変したり、怪我をした時の対応も、介護施設で働く看護師の大切な仕事の1つです。介護施設は病院のように24時間いつでも医師がいるわけではありません。また、施設によっては常勤の医師はおらず、嘱託医しかいないところもありますので、看護師が緊急時の判断をしなければいけないことが多いんです。

 

介護施設で働く看護師のメリットは?

忙しさからの解放

介護施設で看護師が働くメリットの1つ目は、バタバタとした忙しさから解放されることです。

 

病棟やクリニックは、いつもバタバタしていて、仕事量も多く、時間に追われながら、とにかく目の前の仕事を終わらせていくという仕事スタイルですよね。そうすると、残業しなければいけないことも多いと思います。

 

あまりの忙しさに疲れてしまった、残業が多くて嫌になったという理由で、病棟を辞めたいと思っている人も多いのではないでしょか?

 

介護施設は、病棟やクリニックに比べると、比較的仕事量も少なく、ゆとりのある雰囲気の中で働くことができます。緊急入院や急患はありませんし、患者さんではないので急変することも少ないですから。また、基本的に定時で退勤できますので、残業することもあまりありません。

 

身体的な負担からの解放

2つ目のメリットは、体力的に楽ということです。介護施設では介護士さんがたくさん働いていますので、オムツ交換や移動介助などの力仕事は、基本的に介護士さんが行います。

 

力仕事が少なければ、看護師の職業病ともいえる腰痛の心配もありませんし、看護業務に専念できますよね。勤務後に疲労困憊ということもないでしょう。

 

医療行為からの解放

3つ目が医療行為が少ないことです。介護施設は、医療施設ではありませんので、治療を行うわけではありません。看護師の仕事は、利用者さんの健康管理です。そのため、採血や静脈注射などの医療行為を行うことはほとんどありませんので、ブランクのある人にはピッタリの職場と言えるかもしれません。

 

介護施設にも色々な種類がある

介護施設への転職を考えている人は、どういう種類の介護施設があるのか、それぞれの違いは何かをしっかり把握しておく必要があります。これを知らずに、曖昧なまま転職してしまうと、「こんなはずじゃなかった。思っていたのと違う」ということになりかねません。

 

介護施設は、大きく分けて介護老人保健施設(老健)、特別養護老人ホーム(特養)、有料老人ホームの3種類があります。

 

それぞれの特徴として、老健は病院と在宅への復帰をつなぐ役割をしていますので、原則3ヶ月の入所で、看護師は夜勤があります。特養は入所後は亡くなるまでそこで生活することができ、常勤の医師がいない施設もあり、看護師も日勤のみの勤務になります。有料老人ホームは、民間の会社が経営していて、利用条件や看護師の勤務は施設によって異なります。

 

それぞれの特徴をしっかり調べて、自分に合った施設を探さなくてはいけません。例えば、「介護施設=日勤のみ」と思い込んで老健に転職してしまうと、実は夜勤に入らなくてはいけなかったということもありますので注意しましょう。

 

介護施設で働いてみたい、それぞれの施設の特徴を詳しく知りたいという人は、転職支援サイトを使ってみましょう。あなたの希望に合った介護施設を簡単に見つけることができますよ!

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

当サイトのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい【無料】「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師辞めたい時の「ナースレシピ」 TOP>>